ケチな「配当」拾う気なし  【観察系ブログ】

低ボラティリティETF「VIG」を極める! 

【生存】生き残ることを考える ポートフォリオの見直し  (投資方針)

 

f:id:ThirdStage:20201112160011p:plain

 

ブログに立ち寄っていただき、ありがとうございます。 サードステージです。

本ブログは、過去投資で失敗した経験・投資の忘備録を目的としています。

(皆様の投資の参考となれば幸いです。投資は自己責任で行ってください。)

  

 

 ヒートマップ・コロナ感染状況

 <ヒートマップ>

f:id:ThirdStage:20201113123028p:plain

ダウ・S%P500・QQQ・・・1%程度下げ QQQは、0.65下げ 

VIX・・・上昇

ゴールド ・・・特に変化なし

 

 <セクターマップ>

 

f:id:ThirdStage:20201113123204p:plain

ヘルスケア・WMT・PG・COST・・・コロナ禍でも需要が底堅い銘柄のみやや上昇

その他は利確の動きだったと思います。

コロナ感染拡大懸念の売りと利確が合わさったと思います。 

 

 <コロナ感染状況>

 

f:id:ThirdStage:20201113124453p:plain

 米国は10月7日に新規感染者が1日 10万人超え以降増加の一途

欧州も増加基調は変わらず。フランスでは新規感染者数が5万人に到達。

 

 

 

ポートフォリオの見直し タイプ① 

リカバリーのリバウンド狙いポートフォリオ> 

VTV・・・いずれ買われるバリュー株対策

VOT・・・個別株(中型株)への投資をしないリスク回避

f:id:ThirdStage:20201112163811p:plain

(おおよそ100万円前後でポートフォリオを組んだ表) 

f:id:ThirdStage:20201113100832p:plain

 

例として、11月2日の株価を基準として、上のような比率でポートフォリオを組んだ場合の11月12日までのリターンは、6.71%で推移。

同期間のダウのリターンは、8.00%  S&P500のリターンは、6.86%

同期間内で一番パフォーマンスが良いETFは、半導体に投資をするSMHの9.63%

その次がバリュー株ETFのVTVで7.41%

 

ポートフォリオの見直し タイプ② 

リカバリーは限定的・半導体優先ポートフォリオ> 

f:id:ThirdStage:20201113101047p:plain

 

f:id:ThirdStage:20201113101122p:plain

景気回復のリカバリーは、VIGに任せて、半導体の比率を高めたポートフォリオ

今後も半導体の需要が増すと考えるなら、このポートフォリオをコア投資にして

個別銘柄でリバウンド銘柄を仕込むのもありかもしれません。

自分は、半導体需要は今後も底堅いと思っているので、半年~1年ぐらいのスパンで②のポートフォリオで投資をしていく方針。

 

QQQとVIGをベースにしてポートフォリオを構築していますが、半年ぐらいで見直しをしています。比率を変えたり、違うETFに乗り換えたりをしています。

ポートフォリオは変化させるべきと思っているので、少額ですが、昨日記事にした「QQQJ」「ARKK」・・・も保有しています。

インデックス投資でほったらかしが一番楽でいいのですけど、少しでもインデックスを上回りたいと思うと、色々と手が出てしまうんですよね。

インデックス自体も銘柄入れ替わりますから、ポートフォリオも常に変化させる必要があると思って投資しています。

コロナ後の経済は見通しが出来ないと思っており、オールドエコノミー銘柄には手を出したくないから、SMHを組み入れたという経緯もあります。SMHは、5年ぐらいは保有しようと思っています。

 

トレード能力が高い人は、マーケットの波に乗って売買できるのでしょうけど、トレードのスキルがないので、じっくりとやや先回りな投資を心掛けています。

個別はリスク許容度次第ですね。

グロース株に移行してからは、コロナショックが最大のダメージでしたけど、ポートフォリオがハイテクだらけだったので、正直助かりました。数年前までは、ディフェンシブ銘柄だらけのポートフォリオでした。ポートフォリオを変化させることの重要さを、コロナショックで身をもって感じました。

 

 

大型株?小型株? どっちに投資が正解か?

 大型株・・・S&P500 小型株・・・ラッセル2000を使用

1979年~2018年の間 40年間の大型VS小型のリターン表
 f:id:ThirdStage:20201112160850p:plain

① S&P500が18勝 ラッセル2000が22勝 の結果で大差はない

②大型株、小型株のリターンの優劣は循環性があるということ

 

「景気が良いときには、大型株を買い」

「景気が悪いときには、小型株を買う」のがこれまでの正解

 f:id:ThirdStage:20201112174542p:plain

 

今回のコロナショック後、どちらに投資が正解だったのかは、数年先にならないとわからないですけど、パンデミックで引き起こされた急激な新業態への変化は、今までのバイアンドホールドで乗り切れるほど甘くはない。変化のないポートフォリオは、見直すべき最後の調整期間なのかもしれないと思っています。

 

ダーウィンさんが言ってる通り、「生き残るのは変化できるものだけ」なのかもしれませんね。

  

 昨日は、パフォーマンスが悪い個別株を損切しました。

個別株を整理した資金をもとに②のポートフォリオに徐々に移行していきます。

 

 

最後までブログを見ていただき、ありがとうございました。

皆様の資産拡大(自分の資産拡大も含め) ブログ継続モチベーションにいたします。  応援の「1クリ」どうぞよろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

投資は自己責任でお願いします。

 

 

 

thirdstage.hatenadiary.com

 

 

thirdstage.hatenadiary.com

 

 

thirdstage.hatenadiary.com