ケチな「配当」拾う気なし  【観察系ブログ】

低ボラティリティETF「VIG」を極める! 

【決別】GAFA大陸から出航  (投資方針)

 

f:id:ThirdStage:20201124124703p:plain

 

ブログに立ち寄っていただき、ありがとうございます。 サードステージです。

本ブログは、過去投資で失敗した経験・投資の忘備録を目的としています。

(皆様の投資の参考となれば幸いです。投資は自己責任で行ってください。)

  

 

 ヒートマップ・コロナ感染状況

 <ヒートマップ>

 f:id:ThirdStage:20201124094558p:plain

 

 ETFマップ>

 

f:id:ThirdStage:20201124150257p:plain

 

  

 

アップルとS&P500・QQQとの比較

f:id:ThirdStage:20201124124826p:plain

アップル下げの影響は今のところ軽微。QQQ(紫色)横ばい・S&P500はやや上向き。

GAFAM銘柄比率が少ないETFは恩恵を受ける展開。

グロース株には厳しい展開は今後も続くと思われる。

アップルが大きく下げたのは、ハイテク銘柄➡バリュー株への追い風になる可能性はある。

 

忘備録 QQQ売り 

f:id:ThirdStage:20201124124855p:plain

11/23 
 QQQ及び高PSR銘柄 予定通りの売り 実施

f:id:ThirdStage:20201124130054p:plain

個別株 ZM・TDOC・OKTA・DOCU 売り

QQQは、半分売り

 

 

11/23 NNPFの構成比率

f:id:ThirdStage:20201124125023p:plain

QQQは縮小の方向、VIGよりリターンが高くなるまでは買い増しはしない。

個別株・QQQ利確売りの資金で、VIG・SMH・VTVなどのETF購入資金へ充てる。

QQQ買い増し・売却の判断をするため、引き続き数字をチェック。

 

短期的にも、GAFA銘柄の売却は良い判断だったと思う。

グロース株としての魅力は低下、調整が済んだら安定株へ移行する印象。

アップル・アマゾン両銘柄の次回の決算日あたりは、マーケット急変する可能性があるかもしれない。

GAFA銘柄は大型株なのに期待が高すぎる、一度離れるのが得策と判断。

 

 

 世界の市況 15時現在

f:id:ThirdStage:20201124151843p:plain

 

 

ブログを見ていただき、大変ありがとうございます。

皆様の資産拡大の応援 及び ブログ継続モチベーションにいたします。 

応援の「1クリ」どうぞよろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

投資は自己責任でお願いします。

 ブログ更新のお知らせはTwitterで行っています。良ければフォローください。

 

 

thirdstage.hatenadiary.com

thirdstage.hatenadiary.com

thirdstage.hatenadiary.com