ケチな「配当」拾う気なし  【観察系ブログ】

低ボラティリティETF「VIG」を極める! 

【高配当】高配当ETFとの付き合い方   (サテライト投資)

f:id:ThirdStage:20201214102448p:plain


ブログに立ち寄っていただき、ありがとうございます。 サードステージです。

本ブログは、過去投資で失敗した経験・投資の忘備録を目的としています。

決めつけやこだわり持たない投資をしています。

ベースは米国ETF・個別株で、最終的には「VIG」に集約する投資を行っています。

(皆様の投資の参考となれば幸いです。投資は自己責任で行ってください。)

  

コロナ感染状況 

<コロナ感染状況・米国>

※棒グラフは前日集計結果(反映遅い)

f:id:ThirdStage:20201214160522p:plain

f:id:ThirdStage:20201214160555p:plain


 

ニュース切り取り

英・EU交渉継続「国民の望み」 首脳協議4回、膠着続く: 日本経済新聞

新型コロナ: [FT]ナイジェリア経済 40年前に逆戻りの危機 : 日本経済新聞

 

お馴染みの高配当ETFの運用方法について考える

主な高配当ETF4種類のセクター別構成比率から、それぞれの高配当ETFの特徴とどのように運用するべきかを個人的に考えてみた。

f:id:ThirdStage:20201214102956p:plain

f:id:ThirdStage:20201214155141p:plain

 

①DVY・・・金融と公益の比率が高いETFなので、低金利の局面・エネルギー価格が高い局面で仕込むべきETF。経費率は他の高配当ETFよりやや高め。

HDV・・・エネルギーとヘルスケア比率が高いETF。エネルギー価格が低いときに仕込むべきETF。今の局面では、原油価格に強気なら買い、弱気なら売りの判断となりそう。

③VYM・・・バランス型のETF。経費率も一番安く、ドルコスト平均法で使用するのに唯一向いているETFと思う。インデックス投資のサブETFとして活躍しそうなタイプのETF

④SPYD・・・急落時にのみ買うべきETF。金融・エネルギー・不動産と成長力が少ないセクター比率が多く、景気回復時の恩恵を受ける資本財セクター比率が無いのがキツイ。インカムのみ追及した特殊ETFと思うべき。

 

12/14時点での個人的な判断・・・

DVY買い (金利の低下もしくは上昇がないなら買いかもしれない)

HDV売り (原油価格が高止まりしているため)

VYM静観 (インカム狙いで定期買い付けするならこのETF 一択と思う)

SPYD静観・少し売る (金利が低下・原油価格が下がったときには買いかも)

 

資本財セクターがあれば、SPYDを購入したいが、原油価格が高止まりしている現状では、金利動向を見て売買の判断ができるDVYの方に魅力を感じます。HDVは売りの判断です。今週のFOMC後に、もし金利が低下する局面があればDVYを購入するのが面白いかと思います。

金利原油価格の両方を見ながら買いを行うSPYDは難易度が高いETF金利動向で買いの判断ができるのがDVY、原油価格で判断するのがHDVといった感じ。これから定期的な買増しを行うならセクター比率のバランスの取れたVYMがベストと思う。

※短中期的キャピタルゲインを重視した判断を行っています。 

いずれにしても、楽しみながら投資を継続するためには、高配当ETFポートフォリオの一角に加えておくのは、良い判断となりそうな局面と思います。

 

高配当投資の注意点

①相場が高いときには買付しない(妄信的な買いはしない)

②投資対象の特徴をつかむ(超長期でやっと報われる)

③高配当投資はあくまでもサブ的に行う。主力は指数連動のETF。 

④何が何でもバイアンドホールドという認識を捨てる。 

⑤難易度が高い投資方法で資産形成には向かないとの認識を持つ。

 

 

ブログを見ていただき、大変ありがとうございます。

 

リピーターの皆様、応援ありがとうございます。

ブログ継続のモチベーションになっています。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

皆様の資産拡大の応援 及び ブログ継続モチベーションにいたしますので、 

応援の「1ポチ」どうぞよろしくお願い致します。

 

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

投資は自己責任でお願いします。

 ブログ更新のお知らせはTwitterで行っています。宜しければフォローください。

 

 

thirdstage.hatenadiary.com

thirdstage.hatenadiary.com

thirdstage.hatenadiary.com

 

thirdstage.hatenadiary.com

 

 

 

個別株投資をするなら必見!これから米国株をはじめようと思っている方から、ポートフォリオを見直しを考えている方は一読の価値がある良書だと思います。今後も持続的な成長が見込める銘柄を紹介しているので、長期保有銘柄を選ぶときに非常に参考になります。自分もこの本を参考にして個別株を選定しました。

著者は、マネックス証券のハッチさん 

今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門

今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門

  • 作者:岡元 兵八郎
  • 発売日: 2020/12/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

全投資家必見の書籍

株式投資における指南書というべき書籍

投資で負けたくないなら、必ず読むべき書籍:説明不要の良書