ケチな「配当」拾う気なし  【観察系ブログ】

低ボラティリティETF「VIG」を極める! 

【別視点】海外から日本の見え方は違う    (サテライト投資)

f:id:ThirdStage:20210104094532p:plain



ブログに立ち寄っていただき、ありがとうございます。 サードステージです。

本ブログは、過去投資で失敗した経験・投資の忘備録を目的としています。

決めつけやこだわり持たない投資をしています。

ベースは米国ETF・個別株で、最終的には「VIG」に集約する投資を行っています。

(皆様の投資の参考となれば幸いです。投資は自己責任で行ってください。)

  

米国債10年・ビットコイン チャート 

<米10年国債

f:id:ThirdStage:20210103192116p:plain

 

<米10年国債・ゴールド・SP500>

オレンジ・・・ゴールド 青・・・SP500

f:id:ThirdStage:20210103192201p:plain



ビットコイン 2020 0101~2021 0103>

1/3 19:30までの価格推移

f:id:ThirdStage:20210103192229p:plain

ビットコイン 2017 0101~2021 0103>

1/3 19:30までの価格推移

f:id:ThirdStage:20210103193112p:plain

 

 1/4 8:44 現在 ビットコインイーサリアム

f:id:ThirdStage:20210104084518p:plain

イーサリアムが+30.46%と騰がっています。

暗号通貨は、何でも騰がる環境。

ゴールドの先物も上昇しています。(銀・プラチナも連れ高の様子)

 

金利のチャートなどは自己の忘備録用

 

<コロナ感染状況>

※棒グラフは前日集計結果(土日及び反映遅いときはグラフ無し)

 

f:id:ThirdStage:20210104090235p:plain

 

f:id:ThirdStage:20210104090408p:plain

↓ コロナ感染状況最新情報を入手したい方はこちらのトラッカーのページのリンクにどうぞ。 

www.bing.com

 

 

気になったニュース・個別株情報などの貼り付け

www.motleyfool.co.jp

 

www.motleyfool.co.jp

www.motleyfool.co.jp

 

 

別視点で不動産も狙っておこう!

ポートフォリオが米国株に寄り過ぎている方は、日本の不動産に目を向けても良いかなと思います。自分は、今年のニーサ枠の一部を日本のリートで埋めてみようと思っています。物流リートは1銘柄保有しているのですが、その銘柄の買い増しと分散の意味を兼ねて他の物流リートを検討しています。米国株をずーと追っていて日本の不動産を見落としていたので見直しです。日本に住んでいながら、日本の魅力に気付いていないことや見逃していることってありますよね。海外の方の方が、日本に詳しいこともあります。米国株ばっかりというのも、味気ないと思います。

 

不動産に関する資料があったので、ブログにてアップします。

f:id:ThirdStage:20210103141849p:plain

<商業主体リート>(資料・データは1/3に作成したものです)

f:id:ThirdStage:20210103145301p:plain



f:id:ThirdStage:20210103141551p:plain

<高利回り順 5%以上>(資料・データは1/3に作成したものです)

f:id:ThirdStage:20210103145347p:plain


 

f:id:ThirdStage:20210103141733p:plain

f:id:ThirdStage:20210103141802p:plain

<物流・住居主体リート>(資料・データは1/3に作成したものです)

f:id:ThirdStage:20210103145449p:plain

日本の不動産は、海外投資家からの買い対象となっていること・他の地域の不動産よりも割安であることが買いの理由です。

コロナショックの影響もあり、ホテル・オフィスはまだ積極的な買いが入っていないが、物流や住居を主体とするリートには安定的に資金が流入している状態です。

SPYDやVYMもいいですけど、日本のリートを高配当枠に入れても良いと思います。

現物の不動産を持つのは、ハードルが高いですしね・・・

(不動産に関する勉強や目利き・情報力・レバレッジを掛ける信用力・・・必要なスキルが多過ぎる)

 

米国インデックス+日本のリートで十分マネーマシーンになると思いますけど、マネーマシーンの価値観は人それぞれみたいです。資産拡大期に、資金を高配当枠に振り過ぎると資産が全く伸びません。高配当枠は、ポートフォリオのほんの一部にとどめておくのが良いと思います。お金持ちの方は、株価底上げになるのでドンドン買ってください!お願いします。

  

オフィス需要が高くなっている地方都市もあるみたいです。

business.nikkei.com

www.nikkei.com

 

賛否両論ありますが、インフラファンドという手もありますね。出来高がとてーーーも少ないので、なかなか約定しませんが、景気に左右されないで安定した収入が欲しいという方は検討しても良いかもしれません。分配金は、太陽光発電がメイン・年間の発電量に左右されます。現況では、キャピタルは全く望めませんので、価格(利回り)を見ながら指値を入れて、のんびりとつまむ程度で良いのかと思います。インフラファンドは、ほんの少し保有していますが、晴れる日が多ければ分配金が微増するかなという期待で、天気を良く気にする様になりました。その反面、地震のニュースや台風などの荒天が続くときは、今年は分配金減るかも…と心配が頭をかすります。ある程度の分配金を確保するため、保険を積み上げしたりしているファンドもありますので、確認されるのが良いと思います。権利日落ちは、価格がストンと落ちますので、権利落ち日を確認して購入するのが良いと思います。

f:id:ThirdStage:20210104092737p:plain

 

 

 

 ↓日本のリート情報をお探しなら 

www.japan-reit.com

 

 

f:id:ThirdStage:20210104090805p:plain

1/5 米上院議員の決戦投票 結果

1/20 バイデン大統領就任式
のイベント日前後では、マーケットがギクシャクする恐れあり。

とはいえ、ブルマーケットの真っ最中です。もしマーケットが下がる局面があれば、長期的には「買い」だと思います。新型コロナは感染がさらに拡大すると思ってます。そして、感染の蔓延に歯止めがかからないと弱気派が増えることやニュース(例えばバイデン就任後にロックダウン)などで、下落局面はあると思っています。 個人的には、株式よりゴールドの方が安心感があります。

 

日本では、週内にも緊急事態宣言が発令されそうです。リスクを抑えた投資行動をしていきたいです。

 

 

ブログを見ていただき、大変ありがとうございます。

 

リピーターの皆様、応援ありがとうございます。大変励みになっております。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

ブログの内容が良かったときには、

応援の「1ポチ」どうぞよろしくお願い致します。  

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

投資は自己責任でお願いします。

ブログ更新のお知らせはTwitterで行っています。宜しければフォローください。

 

 

thirdstage.hatenadiary.com

thirdstage.hatenadiary.com

thirdstage.hatenadiary.com

 

 

投資のためになった本を数冊紹介しています。

不定期更新

 

ビルゲイツをはじめ世界で活躍する著名人が、座右の書にしている「孫子の兵法」を分かり易く説明する決定版!

作者は、「孫子」解釈 第一人者 守屋淳さん

これを読めば投資でも百戦不敗に!

最高の戦略教科書 孫子

最高の戦略教科書 孫子

  • 作者:守屋 淳
  • 発売日: 2014/01/24
  • メディア: 単行本
 

 

 

長期目線で個別株投資を楽しみたいならこの一冊

個別株投資をするなら必見!これから米国株をはじめようと思っている方から、ポートフォリオを見直しを考えている方は一読の価値がある良書だと思います。今後も持続的な成長が見込める銘柄を紹介しているので、長期保有銘柄を選ぶときに非常に参考になります。自分もこの本を参考にして個別株を選定しました。

著者は、マネックス証券のハッチさん 

今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門

今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門

  • 作者:岡元 兵八郎
  • 発売日: 2020/12/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

☆バイブル☆ 全投資家必見です!

株式投資における指南書というべき書籍

投資で負けたくないなら、必ず読むべき書籍:説明不要の良書

 

GAFA銘柄保有者には、是非一度 読んでもらいたい

「脱税」と「税金徴収」にフォーカスし、今まで見えてこなかった世界史の裏側を知ることができます。ロスチャイルド家が衰退した要因や古代ギリシア古代エジプトの脱税事情・秦の始皇帝を悩ませた脱税など・・・偉人や国家の税金にまつわるエピソードが豊富で面白いです。GAFAの逃税スキーム・タックスヘイブンもこれを読めば丸わかりです。この本で税金に関するアンテナを高くすれば、GAFA銘柄の売り時がわかるかもしれないです。  著者は、元国税調査官 大村大次郎さん 

脱税の世界史

脱税の世界史